読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ryu3のブログ

上京3年目の会社員です。 人生の目標は、社会的な関係性の中で自由な生き方を獲得すること。

プログラミング初学者(1ヶ月前の自分)に伝えたいこと

プログラミングを本格的に勉強し始めて1ヶ月経ちましたので、振り返ってみて1ヶ月前の自分=プログラミング初学者に伝えたいことを書き留めておきます。すぐに忘れてしまいそうなので。

 

シンプルに3点だけです。

  1. きっちり覚えなくて良い
  2. 誰かに質問できる環境でやったほうが効率が良い
  3. リズムを覚える感じ

 

1. きっちり覚えなくて良い

自分もですが、一般の学校教育を受けてきた人は何かを習得することは「覚えること」だと無意識に考えている人が多いのではと思います。もちろん覚えることも大事で、基礎を覚えたり理解したりしないと応用はできません。ただ、プログラミング学習においては覚えることにフォーカスしすぎると時間だけがかかって、肝心のプログラミングスキルは伸びづらいのではと感じています。

 

理由は2つで、1つ目は覚えることに終わりがないこと。プログラミングはそれぞれの言語で記法も違いますし、日々進化しているので、本気で全て覚えようと思ってもかなり無理があると思います。2つ目は、詳細まで覚えなくても、基本的な考え方さえ理解していれば、あとはググって間に合わせられることです。

 

覚えることよりも大事なのは、覚えていないこと・知らないことを的確に短時間で検索して実装する力だと思います。そうやって実装していくうちに必然と知識も身につくはずです。

 

2. 誰かに質問できる環境でやったほうが効率が良い

プログラミングはdotinstallなどのサービスを使えば無料で独学で身につけることもできます。ただ、初学者にとっては、ちょっとしたバグで何時間も使ってしまうことは大きなストレスになると思います。もちろん、そのような状況を自分で乗り越える力を身につけるのも必要ですが、初学者によるバグというのは大抵、「半角スペースが全角になっていた」とか「文末に;を付け忘れた」といった初歩的なものが多いと思います。ここで足踏みをしたりmプログラミング学習のモチベーションを下げてしまうくらいなら、多少お金を払ってでも、誰かに質問できる環境に身を置いたほうが効率的だと感じています。

 

3. リズムを覚える感じ

プログラミングを身につける上で、最初のステップはプログラミングならではの考え方というか、リズムみたいなものを体得することだと思います。そのリズムのようなものが身についていれば、それぞれのコードをどのように書けば思い通りに動くのか、感覚的に理解できるようになります。自分が上のような感覚を持ち始めたのがプログラミング学習開始から100時間経過した頃で、その後はコードを書くのがずっと楽になりました。

 

なんだか日記みたいになりましたがこの辺で。