読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ryu3のブログ

上京3年目の会社員です。 人生の目標は、社会的な関係性の中で自由な生き方を獲得すること。

ビットコイン | bitFlyerとcoincheckの比較

前の記事ビットコインの選び方で「ビットコイン取引サービスの選び方」を書きましたが、ここでは実際に自分が選んだbitFlyercoincheckの2つのサービスの紹介と、それぞれ良いと思ったポイントを紹介します。

 

まず簡単に2つのサービスを紹介。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

・2014年1月設立

ビットコインの取引量国内No.1

facebookgoogleのアカウントで即時アカウント発行

・bitFlyer経由での楽天などのECサイトでの購入やクレジットカード発行でビットコインが貯まる

ビットコインをアマゾンギフトカードなどの商品に交換できる

 

coincheck

・2012年8月設立

ビットコイン以外にもイーサリアムという仮想通貨の販売所サービスも提供

facebookアカウントで即時アカウント発行

電気料金の支払いにビットコインを使う、または電気料金の支払いでビットコインを貯めることができる

 

 

手数料に大差はないので、単純にビットコイン取引をするだけならどちらか1つのサービスを利用するだけで十分ですが、私が両方のサービスに登録したのには理由があります。

 

まず、bitFlyerについては、日常のECサイトでのショッピングでビットコインが貯められること。例えば、楽天系のサービスの場合、購入金額の0.6%のビットコインがもらえます。

 

ビットコインを買うとなると、価格変動が大きいので元本割れしたらどうしようと少し不安になりますが、ECサイトのショッピングで付与されるポイントだと思えばあまり価格変動は気になりません。クレジットカードの登録や旅行の予約など、ECサイトでのショッピング以外にも多くのポイント付与対象があります。

 

直接サイトで購入するよりも、bitFlyerを経由した方がポイントもビットコインももらえてお得ですね。

 

coincheckについては、bitFlyerのようにショッピングでビットコインを貯めることはできませんが、電気料金を現金支払いの4-6%引きでビットコインで支払ったり、現金で通常料金を支払って4-6%のビットコインをもらうことができます。これも、1ヶ月に5000円の電気料金支払いがあるとすれば、5000円×12ヶ月×4-6%で2400〜3600円分の節約やビットコイン獲得になります。

 

両方のサービスを使って、ネットショッピングの際はbitFlyerを経由、電気料金の支払いでビットコイン入手するだけで年間1万円分くらいのビットコインは溜まりそうですね。

 

私の場合は、10万円をビットコインで運用していますが、この1万円が入ってくると思えば、多少価格変動で損失が出てもいいやという気持ちで、ビットコインの勉強ができそうなのでちょうどいいかなと思っています。

 

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin