読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ryu3のブログ

上京3年目の会社員です。 人生の目標は、社会的な関係性の中で自由な生き方を獲得すること。

イーサリアムの急騰・急落について思うこと

資産形成

今週のイーサリアムの値動きはヒヤヒヤさせられるものがありましたね。

 

3/14時点で3500円くらいだったのが、3/17には6200円まで高騰、そこから3/19には3600円あたりまで急落。そして3/20時点で5200円台に戻るという大相場でした。

 

【イーサリアムの今週1週間の動き】coincheckより

f:id:Ryu3:20170320225849p:plain

 

ここで気になるのがその理由です。ネット上で見つけられる情報からすると、下のような経緯が考えられるようです。

 

  • マイクロソフトJPモルガン・チェースなどの大手企業が「イーサリアム」を活用し、新しいコンピューターシステムの構築を目的とした「Ethereum Alliance」の設立を3月30日に発表する予定
  • それに注目した投資家、企業がイーサリアム投資を加速
  • その結果、イーサリアムの価格が6000円を超えた
  • 利益確定売りで価格急降下

 

これ自体の真偽は良くわかりませんが、ポイントは実際に何か起きたことではなく「起こると予想・予定されていること・それに対する人の心理」によって相場が大きな影響を受けていることだと思います。

 

仮想通貨自体の信用がまだまだ低いこともあり、ちょっとしたニュースやそれによる価格変動が大きな波となって相場を動かすような印象を受けます。

 

その中で今週の大きな価格変動を経てもイーサリアムが高価格水準を保っていることを鑑みると、むしろイーサリアムの価格上昇基調の底堅さを感じますね。

 

今回みたいな暴落のタイミングで少量を買い足していくと、案外効率の良い投資ができたりするのかな、と思ったりもします。ただ、やはり仮想通貨はボラリティが大きすぎるので、心の余裕を失わないためにも、取引は余剰資金の範囲内でというのは大前提ですね。。

 

ちなみに、イーサリアム含め、ビットコイン以外の仮想通貨を取引されたい方は、coincheckが便利だと思います。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

 

【通販詐欺サイト報告①】LVP42ZI(靴の通販サイト)

生活

前回の失敗を受けて早速、通販詐欺サイトを発見しました。

 

LVP42ZI

http://www.lvp42zi.top

f:id:Ryu3:20170319002435j:plain

 

トップページを見ただけでも、下記のような不審点が見つかります。

  • 「顧客のログイン」という不自然な表記
  • 商品カテゴリーの並びのトップが「その他」(笑)
  • ページ左側のバナーにリンクが貼られていない

 

加えて、例えば「ご利用ガイド」の日本語表記も変ですね。

ご利用ガイド : 靴の通販オンラインショップ

f:id:Ryu3:20170319002945j:plain

これは、クロだと思います。

 

このような詐欺サイトの作成を専門にやっている会社もあるんでしょうか。。今回のサイトはわかりやすく怪しいので、被害に遭う人はあまりいなさそうです。

 

あわせて読みたい記事

ryu3.hatenablog.com

 

 

【注意喚起】靴の通販サイトで詐欺に遭ってしまった・・!原因と対策

生活

不覚にも、靴の通販サイトで詐欺に遭ってしまいました。。

 

おそらく被害額(2万円)は手元に戻らないので、せめて今後被害者が出ないように、記事に原因と対策をまとめておきます。(まあ、ブログを書いていると失敗もネタにできるのがありがたいですね。。

 

----

まず、その詐欺サイトはこちらです。

半額以下!送料無料が満載!安心と信頼のお店です。

 

(上のリンク先のページが早々に閉じられる気がするので、スクショを)

f:id:Ryu3:20170318233758j:plain

 

こちらの商品を探していたのですが、楽天では在庫がない「26.0cm」のものが楽天より5000円も安く変えるということで、「ラッキー!」くらいの軽い気持ちで購入申込し、銀行振込も済ませたのに、商品が一向に届かない・・という状況です。状況から見て、ほぼ間違いなく通販詐欺です。

f:id:Ryu3:20170318234049j:plain

 

ことの経緯と詐欺に気づけなかった理由

 

まず、なぜ詐欺サイトで購入しようと思ったのか。

楽天他の大手通販サイトよりも安く、サイズの在庫もあったからです。

買いたいものは決まっていたので、「できるだけ安く」ということだけを考えていました。

 

詐欺サイトで希望の商品を見つけた時に、

サイトの作りの雑さや、クレジットカード購入が選択肢として用意されているのに決済画面では銀行振込しか選択できないことを不思議に思いながらも、「サービスの質の低いサイトだな」と思った程度で、詐欺を疑うことはなかったです。

 

購入申し込みをした際に送られてくる自動返信メールの個人名が表示されるアドレスだったのですが、最近は人材系のDM等も開封率を上げるために個人名が表示されるアドレスでメールを送ってくるので、それと似たようなものかと納得しました。

 

f:id:Ryu3:20170318235252j:plain

 

銀行振込ではなく、クレジットカード払いを希望している旨を返信した際に

「この商品は銀行振込のみが対象です」と返答があり、これも楽天などよりもだいぶ安く買えることから問題とは思いませんでした。

 

そして指定のゆうちょ口座に料金を振り込むとこんなメールが。

細かく読むと、日本語の変な部分が多いのですが、これも「サービスレベルの低いお店だな」と考え、商品が届くのなら問題ないと納得していました。

 

f:id:Ryu3:20170318235809j:plain

 

そして、商品は届かない。上記メールに返信しても返事がない、というのが今です。やられました。

 

今回詐欺に引っかかってしまった原因は主に以下の2点だと思っています。

 

①ネット通販をよく利用する自分が詐欺に引っかかるわけないという油断

スマホを使って購入申し込みをしたため、サイトの不自然な部分に目がいかなかった

 

詐欺に気づいてから、詐欺サイトのチェックポイントを調べたのですが、これも知っていれば気づけたはず。。お金のことよりも、騙されてしまったことが悔しいですね。

 

■チェックポイント(これに複数該当すれば詐欺サイトの可能性が高いです)

・極端に安い

・他サイトで購入できないものの在庫があることになっている

・バナーにリンクがない

・画像の解像度がバラバラ

・日本語のフォントがバラバラ

・中国語にしかない文字が使われている

・支払い方法が銀行振込のみ

・自動返信メールが個人アドレスから届く

・銀行振込の指定口座の名義が中国人名

 

ちなみに、通販詐欺について返金が受けられる可能性もあるようなので、「通販詐欺+返金」などで検索できる記事を参考にしていただくと良いと思います。一応、自分もその手続きを進めているところです。

 

 

他の方が被害に遭いませんように> <
あと、せっかくなので、詐欺サイトを吊し上げるブログ記事をしばらく書いてみようかなと思います。

簡単!PHPエラーログの見方(ロリポップサーバーの場合)

勉強

ローカル環境で動いていたPHPプログラムが、ロリポップのサーバーに移してからうまく動かない、ということに2週間ほど悩んでいました。

 

プログラミングに詳しい人に聞くと一様に「エラーログを見ればわかるよ」とのこと。そのエラーログも表示されないから困っているのです。。

 

といった状態でしたが、ひたすらサーバー設定やらコードやら見直す中で解決方法を発見しました。初歩的すぎて恥ずかしいですが、他にも同じ悩みを抱えている人がいるはず!ということで下にまとめておきます。

 

ロリポップレンタルサーバーPHPのエラーメッセージを表示する方法

 

①「WEBツール」→「PHP設定」を選択

f:id:Ryu3:20170312154917j:plain

 

php.iniの「設定」を選択

f:id:Ryu3:20170312155028j:plain

 

③そのほかのdisplay_errorsを「On」に変更

f:id:Ryu3:20170312155150j:plain

 

これで、何かエラーが発生したときはエラーメッセージが表示されるようになります。デフォルトではメッセージ表示がoffになっているんですね。

 

簡単!!

 

 

やっぱり、確定拠出年金は初期設定のままにしてはいけない!

資産形成

先日、こんな記事を書きました。

要は、確定拠出年金は初期設定(元本保証の短期定期預金)のまま置いておいてはダメだということ。

 

ryu3.hatenablog.com

 

とは言え、

自分の場合、月々積み立てられる年金全額を海外株式の投信にいれているので、元金割れするリスクが怖くてそわそわしたりもします。

 

それで実際に運用状況がどうなのか確認してみました。

なんと、すでに1万円の利益が出ていました。利回り2.68%。

 

f:id:Ryu3:20170312105723j:plain

 

もちろん、今後の運用成績次第ではマイナスになるリスクはあるのですが、そこはプロの運用。確率論で言えばプラスになる見込みの方が高いはずです。

 

改めて言いたいですが、確定拠出年金は初期設定のままにしていてはダメです。自身でリスクを評価して投資しましょう。

 

 

 

米当局がETFを認めずビットコイン急落も、底堅さを示す結果に?

資産形成

3/10 ビットコインが急落しました。原因は米当局がビットコイン価格に連動する上場投資信託を承認しなかったこと。ビットコインの普及を加速させる案件だっただけに、さすがにここ1ヶ月ほど上昇し続けてきたビットコインも下落しました。

 

以下、Bloombergの記事より。

仮想通貨ビットコインが10日、急落した。ウィンクルボス兄弟が申請していたビットコイン価格に連動する上場投資信託ETF)を米当局が承認せず、ビットコインの普及に弾みがつくとの期待が裏切られたことに反応した。  米証券取引委員会(SEC)は「ウィンクルボス・ビットコイン・トラスト」への適用除外を認めず、バッツBZX証券取引所への上場はならなかった。SECウェブサイトに10日掲載された文書で明らかになった。ビットコイン価格は数カ月前から上昇局面にあり、金価格を上回っていた。しかしSECの判断を受け、10日には一時18%安の978.76ドルと、日中取引としてはこの1カ月で最安値となった。 

 

しかし、一時は15万円目前から13万円近くまで下げたビットコインが本日3/12時点で14万円近くまで戻しています。政府の判断一つでこうまで価格変動するものはリスクが大きすぎるという見方もありますが、一方でどこか底堅さを感じないでしょうか?

 

最近は論調としても、ビットコインが20万円近くまで上昇すると話す専門家も出てきており、いよいよ価格上昇局面に入ってきたのではないかなと思います。1年前はビットコインの適正価格は14万円くらいと言われていました。

 

ビットコインは資産形成の手段としてはリスクが大きすぎますが、少量保有しておいて、利益が出たらラッキーくらいのスタンスでしばらく保有しておこうと思います。

 

ちなみに、現状の仮想通貨資産状況はこちら。

 

bitFlyer   113,672円(10万円投入) 

coincheck   139,815円(10万円投入)

 

coincheckはイーサリアムが8割ほどで、今回のビットコイン急落の影響で急騰しているので結構利益が出ている状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ララランドを観てきました。

生活

ララランドを観てきました。ジャンル的に興味があったというよりも、下記のように世界中で注目されていて、その理由を知りたかったから。

 

『ラ・ラ・ランド』は、作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン、録音賞、音響効果賞、作曲賞、主題歌賞(City of Stars、Audition)の13部門14ノミネート。14ノミネートは、『タイタニック』(1998年)、『イヴの総て』(1950年)と並び歴代最多となる。 

 

感想としては、自分がミュージカル映画があまり好きでないこともあって多少退屈してしまった場面もありましたが、全体としてはよく作り込まれたストーリーで、気持ちを揺さぶられる内容でした。

 

デートなんかで観るにはいいのでは??

 

後半、少し寂しい結末を迎えるかに見えた二人が、過去の選択をやり直すことによってハッピーエンドに!みたいな演出がありました。人生の選択において「あの時こうしていれば・・」「あの人と一緒にいれば・・」と想いを馳せることがありますが、時間は後戻りはしないので、一つ一つ満足のいく選択を繰り返していくだけですね。

なんて思ったり。

名刺交換のためにイベントに行くくらいならイベントを主催したほうが良い。

ビジネス

仕事柄いろいろなイベントの主催をよくするのですが、時々いるのがこんな人。

 

ステージで話している人がいるのに、会場後方でこそこそと参加者に声をかけて名刺交換をし続ける人。

 

人脈を広げることを目的に来ているのだと思うけど、なんだか勿体無いなあと思います。

 

何が勿体無いか。

  1. 名刺交換しても相手は(多分)覚えていない
    イベントのコンテンツ中にさっと名刺交換した人のことなんて、よっぽど興味がないと覚えていません。それだけならまだ良くて、場合によっては空気の読めない人ということで嫌われてしまうことすらあると思います。自分のスタンスは後者ですね。

  2. キーマンに嫌われる
    イベントの主催や登壇をする側になると良くわかりますが、イベント中に他の人とは違う動きをしている人は目立ちます。せっかく前で人が話しているのに、後ろでこそこそ名刺交換されると不愉快に感じると思います。イベントの登壇者や主催者みたいな、その場でのキーマンに嫌われてしまって良いのでしょうか・・

このように、名刺交換のためだけにイベントに出向くのは勿体無いと思います。人脈を広げたければ、自分でイベントを主催しましょう。

 

「イベントを主催するほど知識がないから・・」という声が聞こえて来そうですが、知識はなくてもイベントは主催できます。詳しい人を呼んで来て、その人の話を聞きたい人を集めるだけです。(物議を醸しそうなほど雑に書いていますが)

 

イベントを主催する側になると、その参加者の方から名刺交換をしにやってくるようになります。わざわざ自分が何者か説明する手間も省けます。

 

名刺交換のためにイベントに行くくらいなら、イベントを主催したほうが良いです。

 

 

ビットコインとイーサリアムを1ヶ月間運用した結果とわかったこと2つ

資産形成

今年の1月下旬からbitFlyercoincheckでそれぞれビットコインを5万円分、イーサリアムを5万円分運用しました。

 

結果(3/5現在)

ビットコイン:¥50,000 → ¥72,027(+¥22,027)

イーサリアム:¥50,000 → ¥71,664(+¥21,664)

 

なんと、全体で4万円近く、つまり40%近く増えたことになります。

年始の暴落後でタイミングが良かったこともあり、ちょっとしたお小遣いになりました。

 

わかったこと

①資産運用の手段には不向き

イケダハヤトさんも書いていますが、仮想通貨は資産形成の手段としてはボラリティ(価格変動の幅)が大きすぎてリスクが高すぎます。さすがにゼロになることはないと思いますが、各国の規制の動き次第では大きくマイナスになることも。特に、現在の取引額の9割を占めるという中国で仮想通貨に対する規制がかかると、仮想通貨マーケットに大打撃となることが予測されます。

 

②一般にはほぼ認知されていない

仮想通貨取引を始めてから、友人・知人ともそのことを話しましたが、仮想通貨が何なのか、どこで手に入れられるのかなど、具体的な話を知っている人は皆無でした。これについて、自分は仮想通貨取引を始めることでそのマーケットの理解をしようと思っていたので、一定の成果は上がった感じです。

 

今回の仮想通貨購入を通して、仮想通貨やその背景になるブロックチェーンに関する情報感度が一気に上がりました。やはり、身銭を切ってでも新しい領域に踏み入れてみると得るものも多いという実感です。(まあ、最終収支プラスになっているからそう思えるのかもしれませんが・・)

都会にあって田舎にないもの。

生き方

都会にあって田舎にないもの。モノや施設についても挙げればきりがないけど、それは大きな問題ではない。

 

もっと「生き方」という目線で捉えた時に田舎にないもの。それは「次のチャンス」だと思う。

 

自分自身、限界集落と言われるような農村に育った。夢を追いかけて、また都会の生活に憧れて地元を離れる人を何人も見てきた。

 

そしてそのうち少なくない人が「仕事を辞めた」「○○を諦めた」と地元に帰ってくる。地元ではそんな話がすぐに地域全体に伝わる。

 

帰ってきた人は、実家の農業を手伝うか、近くの中小企業で雇ってもらうか。そしてそのまま結婚して、地元に居着いて。

 

これも一つの幸せの形として何ら問題はないのだけど、本当に当人は満足しているのか。「本当は〇〇したいけど、チャンスがないから」と諦めているところがあるのではないか。チャンスは自分で作るものだ、探すものだと言う人もいると思うけど、現地を見て言ってほしい。

 

そう感じずにはいられない、今年の冬の帰省だった。